2019-512
今日は始めてモンベルに行って来ました。
ちょっと欲しい物があって。
2019-513
結構テンション上がる所ですね。
ウェアの比率が多すぎる気がしましたが。

その後、薬勝寺まで行ってきました。
タックルはスコXTにカルカッタDC。
丸型だとなんかのんびり出来そうなんで。
ルアーは結構色んなものを持って来ました。

先ずは護岸でポンパドールJr、ハイピッチャーと巻いて、
ランガン開始後ダウンショットにしましたが、
あんまり反応が無いので、
プロセンコーノーシンカーワッキーにしてみました。
流木に絡めて早速HITも、アワセが効かずバラシ。

今、朝の冷え込みがきついんで、陽が上がってからの方が良いだろうと言う予測でしたが、
やはり、日向の方が活性高い感じです。
ギルが溜まっているポイントでやり続けてたら、
2019-514
一匹目GET。(通算757匹目)20cm位の小バス君。

ロッド:スコーピオンXT 1510F-2
リール:11カルカッタコンクエスト50DC
ライン:FCスナイパー インビジブル 12lb
ルアー:プロセンコー5インチ ワッキーリグ

風が当たってる所で、ふと、スピナベ有りかなと思って、
スピナベやり易いタックルじゃ無いんですけど、
やってみたら、1回バラシましたが、すぐに取り返し。
2019-515
25cm位の小バス君ですが、巻いてGET。(通算758匹目)

ルアー:ハイピッチャー DW 3/8oz

今日は、かなりデカイ見えバスが居ますが、
ルアーに反応しないです。
ただ、とにかく出会います。
ポイントに入って足元からピューッと逃げてくのが多い。

水温が上がってきたタイミングでボーッと回ってきてるだけで、
釣れるのはこういうバスでは無いんだろうと考察しましたが、
カバー周辺に絡めてもあまり反応無いし、
そういう強い釣りが出来るタックルでも無いんですよね。

インレットまで来て、ここは事前にシャッドやるって決めてたんで、
SHADING-Xを投げたら1投目から喰って来ましたが、
リアフック一本で見える所でバラシ?
という感じでも無く、見てたらフックがプツッとはずれて反転して去ってきました。
いやー残念でした。

明らかに入る場所で魚のテンションが変わる感じで、
カットテールで小バスを2匹追加しましたが、
いずれも日当たり良好なポイント。
小バスは釣れても、本質的なパターンはまったく掴めてません。
こんな釣れ方はもう少し季節が進んだら無になりますしね。
2019-516
2019-517
(通算759,760匹目)

ルアー:カットテール5インチ

やっぱ秋は難しいな。
もう少し巻き物よりでやった方が良いのか、
カバーをネコとかでやるか、
一つ思うのは、スピナベで2バイト取った所で粘ったら良かったのでは?
ランガンするだけが能じゃ無いかなぁと少し思いました。

おしまい。